2005年08月19日

夏の終わりの花粉症(ブタクサ)

まだまだ暑い日が続きますが、暦の上ではもう秋。

秋のアレルギーと言えば・・・花粉症!
花粉症と言えば、1〜5月頃のイメージが強いですが、8〜10月にかけて花粉を飛ばす植物があります。

それがブタクサです。

ブタクサは非常にありふれた植物で、いわゆる空き地に生える雑草です。
butakusa.jpg

ブタクサはキク科に属し、ハーブティーとして人気のある、カモミールと同種なので、ブタクサアレルギーの方は、カモミールティーを飲むと症状が悪化することがあります。

アレルゲンを避けてばかりいるのも根本的な治療にいいのかどうか疑問な点もありますが、あまりにもブタクサが多いところにはあまり近づかないほうがいいでしょう。
結構たくさんの花粉を飛ばすようです。

最近はブタクサハムシという虫の出現により、一部地域のブタクサは激減しているという良いニュースもあるようです。
posted by HAKUTO at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギーの種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。