2005年07月12日

皮膚に赤い跡が残ります・・ 描記症

【描記症】

描記症とは肌に刺激を与えると過敏に反応して赤い跡が残ってしまう症状のことを言います。
(正確には表現が違うかもしれませんが)
私は腕をす〜っと爪でひっかくと、数分後にはミミズ腫れ(そこまでひどくないですが)のように皮膚がなってしまいます。これは腕に限らず全身なのですが。
TV番組「本当は怖い家庭の医学」に出演していた、西川きよしも同じ症状を持っているようで、TVで言ってました。

数分後にはひいていって、跡形もなくなってしまうのですが、片付けなどをしていて、腕を軽く引っ掻いたりするだけで腫れるので、腕や手がひどいことになるときもあります。

私の場合は生まれつきではなく、3年くらい前からですので、何か原因があるのでしょうが、
ハウスダスト、環境ホルモン、生活リズム、ストレス・・・
原因となるものがありすぎて、特定するのが難しいのが今のアレルギーなんでしょう。
posted by HAKUTO at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギーの種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5014791

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。