2005年06月06日

日光アレルギー、光線過敏症

「日光アレルギー、光線過敏症」

日光アレルギーとは、太陽光の刺激によって皮膚に蕁麻疹などがあらわれる症状のことを言います。
日光にあたってわずか数分で、かゆみを伴った蕁麻疹が現れ始め、日陰や屋内などの日の当たらないところにいると1〜2時間で跡形もなく消えていくケースがほとんどです。

また化学物質により日光アレルギーが引き起こされることもあります。代表的なものとして、イソトレチノインという成分が含まれるニキビの治療薬や、抗うつ剤などの経口薬を利用することにより、皮膚が普段よりも過敏になり、蕁麻疹が出現するというものです。

多形日光疹は、日光が当たったところに複数の赤いポツポツや不規則な形をした皮疹が生じます。この皮疹はかゆみを伴い、日光が当たりだしてから30分〜1時間以内に現れます。皮疹は1週間以内には消えることが多いようです。こういった皮疹が出る方は、普段日に当たらない方に多いようです。

対策

紫外線の強い時期には外出を控える、長袖を着る、日傘の利用、またステロイドなどの薬を服用すると効果があがることがあるようです。

当サイトの趣旨としては体質改善など根本的な治療を目指してますので生活習慣を見つめ直す、食物に気をつけるなどが重要だと思います。

強い紫外線は皮膚を通して体内のビタミンAビタミンB1を破壊する原因となるので、ビタミン不足により臓器の機能が低下、そして皮膚に症状が出やすくなるという可能性もあります。
他の皮膚症状などにも言えることですが、ビタミンをきちんと補い、生活習慣を見直すのがまず大事です。

アボカドAでビタミンAを効率よく摂取!
アボカドA

人気のDHCでビタミンB-MIXを安く買う!
DHCの健康食品 ビタミンBミックス 20日分 40粒

楽天でビタミンAを探す ビタミンBを探す
posted by HAKUTO at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。